前へ
次へ

不動産の売買では物件の弱み情報が大事

自社商品を販売しようとするとき、買い手に対してはいかに商品の強みをアピールするかが大事になるでしょう。
そしていかに弱い部分を隠すかも考えないといけないかもしれません。
不動産の売買は素人が業者に仲介をしてもらって行うことになりますが、すべてを業者任せにするのは良くありません。
業者はその物件の強みも弱みも知った上で買い手を探してくれるのでしょうが、それを実際の売り手が知らないとなると希望通り価格で売却できるかどうか不安になるでしょう。
不動産の売買をするときには業者に物件の強みと弱みをしっかり話してもらうようにしましょう。
立地が良くて建物が新しい等の強みを聞かされると気分が良くなり、価格に関しても強気に付けてしまうときがあります。
一方で弱みを教えてもらうと冷静に物件の評価ができるようになるでしょう。
交渉をするときには強みの話も弱みの話も出てくるでしょうから、どちらも知っているとうまく使って有利に進められる可能性が出てきます。

Page Top