前へ
次へ

不動産の売買で残債があるときの対応

住宅ローンは非常に便利なサービスで、大金を長い期間にわたって低金利で借りることができます。
不動産といえば数千万円以上することが多いので、若くして購入したいなら住宅ローンの利用はマストと言えるかもしれません。
購入後にせっせとローン返済をしていたものの事情ができて売却しなければならないときがあります。
買ってすぐだと残債も多いわりに貯蓄が無く貯蓄からの完済は難しくなります。
買ってからの年月が経過していれば、貯蓄から完済できるときもあります。
不動産の売買をするときに売り手であれば住宅ローンの処理をどうするかを考えないといけません。
ローンの返済ができないときはまずは売却代金を残債の返済に充てられるかどうかがポイントになります。
高く売れればこちらを取る方が良く、不動産会社の査定額を基準にして考えてみましょう。
一方あまり高く売れないときは住み替えローンの利用があります。
売買においては売るときも売った後のことも考えないといけないので注意が必要でしょう。

Page Top